タイヤショップ ツーエルタイヤ ~広島県福山市~

ヤフーショッピング・ヤフオクに、タイヤを出品しています。

タイヤに空気圧センサーを取り付けるとどうなる?仕組みは?

タイヤショップツーエルです。

ニュース通り本日は大変冷え込む予感!?❄

本日も激務は終了・・・本年の業務まであと2日でございます!!スタッフ気力で乗り切っております🤩

さて、本日は・・・

タイヤのパンクはどうやっても防げない

車に乗っていて避けたいことは、事故と故障です。
事故を防止するには、いつも安全運転で、危険を察知しながら気をつけて運転することが大切です。
故障も普段からちゃんとメンテナンスを行い、車の定期点検や車検などをしっかりと行うことが大事です。
その為、大抵の事故や故障は毎日気を付けていれば、完全に0とは言えませんが、努力することで少なくすることが出来ると思います。

しかし、タイヤのパンクについては、本当にどうしようもない場合が大半を占めます。
車の運転中、道路に釘が落ちていないか、ガラスの破片が落ちていないかなんて、気を付けて走ることは困難です。
そういった理由からパンクに関してはもう運としか言いようがないのが現実です。

ただ、パンクが起きたらすぐに停止することができれば、パンクが原因の事故などを未然に防ぐことはできるかもしれません。
パンクの早期発見、即時発見はとても重要なことなのです。

さらに、タイヤの空気圧が抜けていたりする時に高速道路に乗ったりすると、思いがけずタイヤが熱を持ち、バースト(破裂)してしまうという可能性もあります。
その為、タイヤの空気圧の管理もとても大切なのが、なかなか空気圧の管理なんてできませんよね。

そんな時こそ空気圧センサーなのです!空気圧センサーとは、自動的にタイヤの状態を調べてくれる機械なのです。



空気圧センサーとは?取り付けると?

なるべく避けたいタイヤのパンクを防ぐための強い見方として空気圧センサーがあります。
空気圧センサーとは、タイヤの空気圧を常に計測することができる機械になります。
タイヤ内の空気圧を測るためのセンサーをホイールに付けて、その表示器を車内の運転手が見やすい場所に取り付けます。

すると、車の4つのタイヤの空気圧の状態が一目でわかるようになるのです。
4つのタイヤの実際の空気圧の数値が表示されるので常に管理することができます。
そして、そのタイヤの空気圧の数値が下がってきたらアラートを出して、運転手に知らせる機能もあります。
さらに、もしタイヤがパンクしたら、すぐに知らせてくれるので、即時停車することができます。

タイヤがパンクした状態で気付かずそのまま走ったりすると、うまくハンドルが効かずに他の車にぶつかったり、ガードレールにぶつかったりして大変なことになってしまいます。

空気圧センサーをつけるだけで、タイヤの空気圧の状態を常に管理できますし、空気圧センサーが常に監視してくれていますので、安心して車を運転することができます。

タイヤというものは、車で唯一地面に接しているとても大切な部品です。
その車にとってとても重要なタイヤを常に監視できることは、安全に直結するとても大切なことなのです。

では、いざ、空気圧センサーを車に取り付ける時はどういう空気圧センサーを付ければいいでしょうか。
大きく分けて2種類の空気圧センサーがあります。



タイヤの中に装着するタイプ

1つ目は、タイヤをホイールから外して、タイヤの中に空気圧センサーを入れるタイプがあります。
これはとても大掛かりな作業になりますので、車屋さんで取り付けてもらうことになります。
ですので、部品代にプラスして作業代もかかりますので、少々値段がかかります。
ですが、タイヤの中に空気圧センサーを入れるので直接タイヤの中の空気圧を常に測定できますので、とても安心感があります。
正確にタイヤの空気圧を計測したい場合は、このタイプを選ぶと良いと思います。



タイヤの外に装着するタイプ

次に、タイヤの外に空気圧センサーを付けるタイプがあります。
このタイプの場合は、タイヤに空気を入れる時に使うバルブのキャップの代わりに取り付ける空気圧センサーになります。
タイヤをホイールから外さなくて良いので、取り付けが簡単で、自分で取り付けることもできますし、車屋さんに頼んだとしても安く作業をしてもらえます。
ですので、このタイプは、タイヤの空気圧を知りたいけど、なるべく安くすませたいという時に選ぶといいと思います。



以上、2タイプの空気圧センサーがありますが、お好みで選んでみると良いと思います。
タイヤのパンクの心配をなるべく軽減する空気圧センサー、ぜひとも装着して安心・安全な車の運転をしてください。

この空気圧センサーを装着している車両がタイヤの空気を補充したあと、忘れてはいけないのはセンサーのリセットです。このリセットを行わないとタイヤの空気圧異常を感知してしまい、いつまでも警告・エラーメッセージが出続けることになって非常に目障りです。

空気の減っていた1本のタイヤを他の3本と合わせる、といった場合には問題ないのですが、タイヤを交換したとき、高速を走るからいつもより空気圧を上げたときなど、リセットを行うようにしてください。



それでは、皆様も年末までのカウントダウン!頑張っていきましょう(*'▽')

タイヤご購入はこちらからhttps://ll-international-trade.com/shop/

〒721-0957 広島県福山市箕島町5816-221
Tel. 084-961-3766

株式会社 ツーエル国際貿易