タイヤショップ ツーエルタイヤ ~広島県福山市~

ヤフーショッピング・ヤフオクに、タイヤを出品しています。

タイヤのローテーションについて

タイヤショップツーエルです。

春の陽気で暖かいタイヤローテーションって、何をするの?っと疑問を持つ方もいらっしゃると思います。

タイヤの位置を入れ替えることです。
前輪のタイヤを後輪のタイヤと入れ替えることです。

タイヤを長持ちさせるには、ローテーションが大事です。
では、ローテーションをする理由・タイミングなどの説明をしていきます。

タイヤローテーションをする理由

タイヤは均一にすり減ってくれないものです。
同じ位置のまま長期間走行すると、タイヤの片側だけや中央部だけといった偏った減り方をしていきます。

そこで、タイヤ ローテーションをすることで、
均一にタイヤが摩耗するようにし、タイヤが長持ちします。

ローテーションの目安

新品タイヤから走行距離5.000km経過したころですが、
運転方法や使用条件等によっても磨耗度合が違いますのであくまで目安としてお考え下さい。

まずは、新品タイヤのときから比べて「溝が減ってきたな」と思ったら、タイヤ ローテーションをしましょう。

ローテーションとは「前後左右」のタイヤをチェンジすることです。
ローテーションは、FF車とFR及び4WD車によって交換方法が若干異なります。


前輪駆動のFF車はフロントタイヤ

後輪駆動のFR車はリア(後ろ)タイヤの摩耗が早く進みます。

一般的に、フロントタイヤはショルダー部分、
リア(後ろ)タイヤはセンター部分で摩耗が進みやすく、
特にFF車では、フロントタイヤに制動力・駆動力、コーナリングの力が集中的に働くために、
リアタイヤの2倍以上も摩耗が進みます。
そこで、タイヤを均等に摩耗させるために、タイヤの位置を入れ替えるローテーションが必要なのです。

ローテーションを行うことで、摩耗が均一化され、タイヤが長持ちします。
また、タイヤの回転方向が原因で偏った摩耗の場合、発生した時点でローテーションを行うことで、

偏った摩耗の進行を防ぐことができます。


方向性タイヤ

タイヤの中には、タイヤの回転方向が指定されている「方向性パターン」のタイヤがあります。

このタイヤは指定された方向に回転することによって性能が十分発揮されるように設計されています。
左右を取り替えてしまうと回転方向が逆になり、
性能が発揮されないばかりか、逆に抵抗になることもあり危険です。

ローテーションの際には、サイドウォールに表示されている正しい方向で交換します。

詳しくは、専門店にお問い合わせ下さい。


タイヤショップツーエル
〒721-0957
広島県福山市箕島町5816-221
TEL:084-961-3766 FAX:084-961-3767
mail:ll2@llkokusai.com
大型連休以外お休みなし 営業時間:9~18時

〒721-0957 広島県福山市箕島町5816-221
Tel. 084-961-3766

株式会社 ツーエル国際貿易